覚醒とセクシャリティ4

    ◆故郷へ

    (3からの続き)
    夏にさしかかり、生きていく上での危機は去ったようだった。

    就職活動を再開し、その合間を縫うようにしながらほんの2日だけ、帰郷する機会を得た。

    17年振り位だろうか。自分に帰る場所があるんだと初めて気づいた気がした。

    20110925




    故郷なんて無い。この地上のどこにも。

    それが当然のように。いつ、探すのを諦めたのかもよく憶えていない。

    15年に及ぶ東京での都市生活だったけど、震災以降ますます噛み合わなくなってきた。

    人の心の中の迷い、街全体の不透明感。

    初めて直面する、平穏さが失われた世界に平穏を装うことの軋轢で、皆の判断力に狂いが出てきていた。

    就職活動時の自他含めてのミス、リスケジュール。予定の撤回。

    …結局決まらない。

    「これが決まらなければ東京に居るなということだ」そう直感もしたし、港町方面はなんとも気分が悪い。

    かつての不調がフラッシュバックする。

    もう絶対に東京には留まれない、留まらないと決心し、帰郷を決めた。

    それが単純に地元の金沢に戻ることだけを意味するものでもなかったことに、程なくして気づいた。


    ◆アマチとの出会い

    慌しく7月中の引越しに向けて準備を行ない、あと3日で帰郷。そんなタイミングでかつての先輩より連絡が入った。

    …もうすぐ地元に戻るということで、一度挨拶に出向くことにした。

    稲城の住居を訪れ、現況や今後のことなどを伝え、その際に「今日、アンマ(マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ)に会いにいくから、同行しないか」とお誘いを受けた。

    急なことだったけど、断る理由もないし、何かの縁が出来ればいいと思い、品川の会場に出向いた。

    embracing the world
    http://jp.embracingtheworld.org/

    アンマ日本の被災地を訪れる


    …うん、品川方面は好きじゃなかったけど、会場の波動は良い。

    プログラムの最後に希望者へのダルシャン(抱擁)が行なわれた。

    自分の番では、何故か左右2回も抱擁を受けた。よっぽど重傷だったのかも。



    翌日、普通に眠り、起き、食べ、引越しの準備をしている自分がいた。

    かつての不調、突き上げるような胸苦しさがいつの間にか吹き消されたように無くなっていた。

    じわじわと、自分の身に起こったことの重大さに気づき、とても神妙な心持ちで夜行バスで帰郷の途についた。

    ソウルメイトからのいくつものアドバイス、アマチがらのインスピレーション、

    これが後に「ふるさと」への重要な足掛かりとなっていった。


    ◆ 帰る場所

    実家でしばし、歯の治療や運転免許取得などしながら、安穏な一時期を過ごすことが出来た。

    ほんの数週間前まで死ぬほど苦しんでいたなんて。

    瞑想状態も、実にのびのびと、勢いと広がりが増し、とろけるような安らぎも伴うようになった。

    明らかに自己の器が大きくなっていた。自意識が頭頂から抜けだし宇宙全体に溶け込んで、強力な幸福感と充足した透明な意識に安らぐこともあった。

    …もう何処へも彷徨う必要が無い… そう思えた瞬間。

    そう、その意識次元こそ、本当のふるさと。二極分化の軋轢、自他の区別や性別という不完全さからの寂しさとは無縁の空間。

    もっと、その帰り道をしっかりと確定させたい。

    20110927a



    (5へつづく。)

    関連記事
    スポンサーサイト
    line
    line

    comment

    管理者にだけ表示を許可する

    line
    line

    FC2Ad

    line
    プロフィール

    二拍子

    Author:二拍子
    Twitter ID: twoclaps

    mtfトランスセクシャル GID 改名済 LGBTのT //
    自然食、両性類、PSAS脱却。

    二拍子あてお便りは下欄のmail formからどうぞ。

    line
    ただいまのつぶやき
    line
    最新記事
    line
    最新コメント
    line
    最新トラックバック
    line
    月別アーカイブ
    line
    カテゴリ
    line
    検索フォーム
    line
    リンク
    line
    RSSリンクの表示
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    QRコード
    QR
    line
    sub_line