スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    line

    原点回帰は鮭の溯上のように

    ◇自主帰省◇

    心境の変化を気付かされるトリガーが発動して、両親に電話して実家にとんぼ返り帰省。
    つい数日前の変化をきっかけに、10年以上のブランクを経て、親子共々、葛藤が氷解したした形で向き合うことになった。

    20110629


    血は争えない。同じタイミングで、同じ根を持つ問題と格闘している身内の面々。
    夕食をはさんで、様々な方向から、お互いのありのままを晒して向き合った。
    今までずっと、そんなことはあり得なかった家庭。

    徹底的なまでの女系の家系。女は手堅く生きて子孫を多く残す。男は何らかの欠陥を抱えながら、実家を出ることでようやく自己を確立していく。いちばん下のガキンチョ従姉妹がベッピンさんになって幼なじみと結婚した話は驚きはしたものの、当然と受け止めた。

    「おまえは無口で、自分の考えを何も話さない」と嘆いていた母親だったけど、文学哲学写真に詩作と、自分と似たような趣味を持つようになった母親が、やたらめったら饒舌に話す息子と会話をする光景がそこにあった。しまいには「おまえも(近所に住む)禅師の爺様のように物静かになったら本物だ」とまで。

    20110629a


    「あなたの存在が、親族の安寧のキーになっている。欠けているジグソーパズルのピースのように」
    勘のいい友人がそう直観して、なる早の帰省を勧めてくれたのは的確だったかもしれない。
    ぶっちゃけ、真面目でお人よしで繊細で努力家ばかりの家系。精神的プレッシャーとの戦いに苦戦しているさなかでの帰省で、いろいろと自分のほうからケアのための道筋をつけておいた。


    ◇田舎暮らしの豊かさ◇

    当たり前のことだけど、田舎は豊か。年金暮らしで現金収入が少なくても生活に困らない。

    20110629c

    かつてはボロ屋だった実家も、改装されていい感じの古民家になっていた。キッチンバストイレ、みんな最新の設備で驚いた。いったいどこのペンションかと。

    20110629d


    調布で牢屋みたいな単身の家賃が7万には驚きを禁じ得ない両親。

    20110629e


    ◇実家のスピリチュアリズム◇

    実家の奥まった最も神聖な場所の頭上にシャカムニが鎮座していたことに初めて気づいた。

    20110629f

    20110629g


    戦争で若くして他界した、爺様の弟は、親鸞聖人が大好きで、独りで道を求める人だったと聞いたことがある。
    以前、写真を見たときに、爺様とは似ても似つかぬ綺麗な顔立ちに白っぽい法衣で、自分の守護神らしき存在を見たときとイメージがかぶるのでよく憶えてる。

    20110629h


    自分自身、原点に還ったと実感した直後の帰省。
    そこがまさに原点だったと改めて再確認。
    20110629b
    スポンサーサイト
    line
    line

    FC2Ad

    line
    プロフィール

    二拍子

    Author:二拍子
    Twitter ID: twoclaps

    国内で発見されたグレイ型宇宙人の特徴:

    ・頭が大きい。入らない 帽子が多い

    ・顎が細い。体型も細い

    ・目付き、肌色が独特

    ・性別不詳

    ・人間との生殖互換性が無い

    ・思考趣向共に非常にエキセントリックで常識が通用しない

    (本ブログ内容とは無関係です。)

    二拍子あてお便りは下欄のmail formからどうぞ。

    line
    ただいまのつぶやき
    line
    最新記事
    line
    最新コメント
    line
    最新トラックバック
    line
    月別アーカイブ
    line
    カテゴリ
    line
    検索フォーム
    line
    リンク
    line
    RSSリンクの表示
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    QRコード
    QR
    line
    sub_line
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。