生きることは助けること

    ◇懸命に生きているだけでも

    新しい生活に変わって3ヶ月近く経過しました。

    20101218b
    小田急エースの地下に迷い込んだ鳩。この直後手のひらを思い切りツンツンされて痛かった...
    一時の戯れをありがとう。

    生活が始まってからというもの、がらりと、かつ目まぐるしく変わる環境に適応するだけで精一杯だったかもしれません。ただただ「生きる」ことに終始した数ヶ月。

    ある程度、生活の目処が立ち、来年もなんとかやっていけそうだという感触を得ています(まだまだあっぷあっぷしながら息をしている状況ですが)。

    本当に、これは周囲のサポートがあったから。以前の環境でも、しっかりサポートしていただいていたことはまぎれもない事実で、結果的にずーっとお世話になりっぱなしだったかもしれません。皆それぞれ余裕のない中でもいろいろと世話を焼いていただいたんです。いくら感謝しても十分ではありません。

    仕事柄、オープンソースソフトウェアに関わる事をやっています。どんなに自分で努力して、1人分の成果を還元しても、コミュニティから与えられる恩恵のほうが数万倍も大きいのです。

    困窮していても、人の役に立ちたいとか、笑顔が見たい、そんなモチベーションをもって生きていることに幸せを見出せる人はどんな境遇でも幸せなのかもしれません。

    20101218a

    薔薇の花に、生きる目的を聞いてみたいかも。
    薔薇は無心で生きていても、十分に私に何かを与えているのでした。
    スポンサーサイト
    line
    line

    FC2Ad

    line
    プロフィール

    二拍子

    Author:二拍子
    Twitter ID: twoclaps

    mtfトランスセクシャル GID 改名済 LGBTのT //
    自然食、両性類、PSAS脱却。

    二拍子あてお便りは下欄のmail formからどうぞ。

    line
    ただいまのつぶやき
    line
    最新記事
    line
    最新コメント
    line
    最新トラックバック
    line
    月別アーカイブ
    line
    カテゴリ
    line
    検索フォーム
    line
    リンク
    line
    RSSリンクの表示
    line
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    line
    QRコード
    QR
    line
    sub_line